筒井塾
咬合療法研究会

歯科医療の根幹である「咬合」を「生体の咬合とは」の原点に戻って考え、よりよい治療を患者さんに還元し、より快適な生活を送っていただけるよう会員全員で努力する会です。

お知らせ

日本包括歯科臨床学会 第10回記念学術大会
JACD創立30周年、咬合療法研究会創立20周年記念共催

スタディーグループであるJACD,咬合療法研究会で研鑽を積み、そのメンバーによっ て創立されたのが日本包括歯科臨床学会です。2012年に第1回の学術大会を東京で行 い、今回は10回目の節目の大会となります。記念の大会にふさわしく著名な先生方に 講演をお願いし、また当会会員も多く発表致します。

昨今の社会状況も踏まえ、北九州小倉での現地開催とWEB配信のハイブリッド開催 とする予定です。当会で長く勉強を続けてきた「炎症のコントロール」「力のコント ロール」「包括歯科臨床」といった内容を中心に、皆様に実りのある学術大会となる よう実行委員一同準備を進めております。皆様のご参加をお待ちしております。

なお申し込みは、こちらからお願い致します。
会場参加申し込み
オンライン参加
研修医・学生の方の参加はこちら

2022年5月29日(日)各支部合同開催webセミナー 「力のコーディネーター 入門コース」を開催致します。 スタッフ向けセミナーのため、初めての方でもわかりやすい内容となっています。 たくさんのコデンタルスタッフの方のご参加をお待ちしております。 お申込み・詳細については、下記をご覧ください。
お申込みについて
申込登録情報入力
(お申込み完了後は、返金いたしかねますのでご了承下さい)

2021年5月9日(日)に関西支部主催、
2021年5月30日(日)に九州支部主催の
「力のコーディネーター 入門コース」が開催されます。
どちらもWEBセミナーとなっております。
概要は掲載の資料をご覧ください。 関西支部主催
九州支部主催

筒井歯科医院 筒井照子

患者様へ

お口とからだの健康・・・・患者さんに知っていただきたいこと

歯科で「咬合」といわれている「咬み合わせ」はからだ・全身にとって大きな影響を及ぼしています。からだは地球の重力に拮抗してバランスを保ちながら立っています。
 従って咬み合わせがズレると、からだのどこかがそれを補償するためにひずむこともあります。私は上と下の歯が、歯車のように咬み合って出来る咬合は、頭とからだをつなぐ要(かなめ)の役目をしていると考えています。
 今、その要がズレている方が増えています。これは生活習慣の変化と、かむことが減少したことが、大きく関係していると思っています。

入会案内

入会申込希望の方へ

入会申込